ユアライフ

都内のITエンジニアが賢く投資する方法や、お得に旅行を楽しむ方法等を発信する場所です。

超簡単!FX/仮想通貨投資で役立つテクニカル分析

 テクニカル分析ってなんですか?


テクニカル分析とはずばり、過去の値動きをチャートで表して、そこからトレンドやパターンなどを把握し、今後の株価、為替動向を予想するものです。

 

チャートは取引(投資行動)の結果としてできたものであり、過去にも似たようなパターンがあれば、将来も同じようなパターンになる可能性が高いと予測します。

 

強調したいのは、

稼いでいる投資家でテクニカル分析を使っていない人はいない

ということです。

 

この記事では、テクニカル分析の手法を簡単に解説しています。

 

用語の勉強が済んで、早速トレーディングしたいと思った人はこちらの記事を読んでみてください。↓

yourlife.hateblo.jp

 「FXをしたい!」とお考えのあなたはDMM.com証券でどうぞ。

24時間安心/無料のサポートに加えて、素人でも十分使いこなせる取引/分析ツールが用意されています。

さらに、業界初!の時事通信社ニュース配信も無料で読み放題!

お使いのスマホで5分もかからず口座開設できます!

 

f:id:kubotat9:20190603115106j:plain

ローソク足

ローソク足は、FXのチャートで最もよく使われるチャートで、始値(OPEN)、高値(HIGH)、安値(LOW)、終値(CLOSE)の4本値の値動きを時系列に沿って表示したものです。


日本で考案され、ローソクに似た形からその名が付けられていますが、現在では海外でも”キャンドル・チャート(Candle Chart)”の名称でよく知られたポピュラーなチャートです。

 

ローソク足の描画には、1日や1週間、1ヶ月などの単位期間を定め、単位期間の開始時に付いた値段を「始値」、期間中で最も高い値段を「高値」、最も安い値段を「安値」、最後に付いた値段を「終値」とし、この4種類の値段(四本値)を使用します。
4本値の中でも「終値」は、市場が最終的にたどり着いた価格として最も重要視され、多くのテクニカルチャートが描画に終値を使用します。

 

ローソク足の1本1本は「足(あし)」と呼ばれることもあり、1日単位のローソク足を「日足(ひあし)」、1週間単位を「週足(しゅうあし)」、1ヶ月単位を「月足(つきあし)」と呼びます。

f:id:kubotat9:20190603115400p:plain
チャート分析では、日足よりも長い期間のローソク足を重視する傾向がありますが、FXチャートでは時間足や分足もよく利用されます。

トレンドライン

トレンドとはもともと傾向と言う意味ですが、相場では「大局的な方向性」と言う意味で使います。

 

トレンドには3つあり、1.上昇トレンド、2.下降トレンド、3.横ばい(トレンドレス)に区分できます。

 

トレンドはトレンドラインによって判断しますが、言い換えればトレンドラインを引くことの出来る相場の動きをトレンドと読んでもいいのかもしれません。

 

トレンドラインとは、トレンドを規定している重要な支持線抵抗線のことといえます。

 

上昇トレンドのときに相場を支えている線を支持線(サポートライン)、下降トレンドのときに相場の上値を抑えている線を抵抗線(レジスタンスライン)といいます。

 

支持線抵抗線は過去に相場が反転したところ(相場の山と谷)を結んで作ります。

 

支持線の場合は切り上がっていく山と谷の連続的な波の中で谷と谷を直線で結んで作ります。

 

抵抗線の場合は切り下がっていく山と谷の連続的な波の中で山と山を直線で結んで作ります。

 

支持線抵抗線は過去に相場が反転したところ(相場の山と谷)を結んで作ります。

f:id:kubotat9:20190603115949j:plain

トレンドラインの使い方

1.ポジションメイク

新規にポジションを作成するときにトレンドラインに跳ね返されたポイントで行います。


上昇トレンドであれば、サポートラインに跳ね返された上昇局面、下降トレンドであればレジスタンスラインに上値を抑えられたことを確認したポイントです。


また、横ばいであればレンジを作成する上下のトレンドラインでの逆張りとなります。

 

2.ストップロス

トレンドラインがより有効に利用できるのがストップロスです。

 

上昇トレンドに乗って買いポジションを持っているときは、サポートラインを下抜けたところにストップをおきます。

 

逆に下降トレンドで売りポジションを持っている場合は、レジスタンスラインを上抜けたポイントにストップをおきます。

 

ただし、トレンドラインを小さく抜けてまた元に戻る(だまし)を回避するためにはラインそのものではなく若干ののりしろを持ったところに置くことが重要でしょう。

移動平均線

移動平均線は、一定期間の平均価格を線でつなぎ、ジグザグした値動きのブレを慣らして価格トレンドの方向や強さを見るためのテクニカルチャートです。

 

FXチャートに限らず、テクニカル分析の中で最もポピュラーで基本的な分析手法です。

 

移動平均には単純移動平均加重移動平均指数平滑移動平均など計算方法によって様々な種類がありますが、基本となる単純移動平均を例に説明します。

 

単純移動平均線(SMA,Simple Moving Average)は、計算の対象となる期間の複数の終値について平均値を算出し、期間をずらしながら線でつないで表示したものです。

 

たとえば20日移動平均(20SMA)であれば、本日を含めた過去20日間の終値を合計し、日数の20で割って平均した数値を1日ごとに計算して線でつなぎます。

 

基本的な見方としては「ゴールデンクロス」というものがあります。

f:id:kubotat9:20190603121348g:plain

短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上へクロスすることをゴールデン・クロスと言います。


長期的な値動きに対して、短期的な値動きが強く上昇している場合に出現する買いのサインとなります。

 

ゴールデンクロスの反対をデッドクロスといいます。

f:id:kubotat9:20190603121536p:plain

完ぺきとは言えない移動平均線。別の分析手法を採り入れるとベター!

移動平均線は、その計算方法から一目瞭然ですが、過去の終値の影響を直接受けるため、常に値動きを後追いして変動し、相場に先行することがない指標です。


そのため、移動平均線だけで相場の行方を予測することは困難であり、値動きの結果、相場状況がどうなっているかを確認する指標であると理解しておくべきでしょう。

 

従来より、移動平均線にはタイムラグという弱点を克服しようと試みたバリエーションが存在しています。


加重移動平均線(WMA)は、平均値を算出する際に最新のデータを最も重視し、古いデータほど影響度が少なくなる様に比重を掛けて計算します。

 

指数平滑移動平均線(EMA)は、更に直近の比重を高めてタイムラグを低減させた移動平均線の発展型です。EMAについては、別の箇所で改めて解説します。

EMA (Exponential Moving Average) ~指数平滑移動平均線~

SMA(単純移動平均線)は、過去の終値の平均から算出されますので、トレンド転換後、新しいトレンドが発生したことを示すシグナルを発するのが遅いといった欠点があります。この問題を改善すべく考え出されたのがEMA(指数平滑移動平均線) です。

 

EMA(指数平滑移動平均線)は、使い方や売買の判断方法は単純移動平均線と同じですが、直近の価格に比重をかけて算出する為、SMA(単純移動平均線)に比べ直近の動きに敏感に反応します。

 

EMA(指数平滑移動平均線)は、以下の計算式で算出されています。

 

一日目の計算方法は、単純移動平均と同じで、対象期間における終値の平均

二日目以降を「前日の指数平滑平均+k×(当日終値-前日の指数平滑平均)」

k=2÷(n+1)、 n=期間

 

EMAは使い方や売買の判断方法はSMA(単純移動平均線)と同じで期間の異なる2本の移動平均を利用する「ゴールデン・クロス」と「デッド・クロス」が使われることが多いです。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、相場の振れ幅(ボラティリティ)を一定期間の価格データから測定し、統計学的な観点から価格の変動範囲を予測してチャート上に表示するテクニカル指標です。

 

ボリンジャーとは、開発者である米国人投資家のジョン・ボリンジャーの名を冠したものですが、現在も世界中で講演をするなど、ボリンジャーバンドを広める活動をしています。

 

FXの様に、常に変動している価格が、ある期間にいくらだったかを知りたい場合、通常はその期間の平均値を計算して価格の目安とします。

 

ただし、平均値だけでその期間の価格を判断してしまうと、その期間中に価格が適正水準にあって安定的に推移していたのか、あるいは、適正水準が定まらずに大きく上下動したのかは分かりません。

価格が大きく動いている相場では、次に付ける値段も直前の値段から大きく離れて決まる可能性がありますので、平均値を基準に大きく変動する値幅分をプラスして次に付ける値段の予想範囲を想定します。

 

値動きが一定範囲の狭い値幅に収まって終始している相場では、次に付ける値段も同じ価格水準に留まる可能性が高いと考えられますので、平均値を中心に狭い変動範囲を予想します。 


ボリンジャーバンドがチャート上に描くボラティリティ(相場の振れ幅)とは、この過去の値動きから予想される次に付ける価格の変動範囲のことです。

ボラティリティを求めるのに、ボリンジャーバンドでは標準偏差を用いることから初めは難しく感じるかもしれませんが、チャート上に値動きとあわせて表示して、ボラティリティの変動と値動きとをビジュアルで判断できるため、ボリンジャーバンドはFX投資家にも大変人気の高いテクニカルチャートです。

 

標準偏差の算出式は割愛しますが、標準偏差とは、一定期間の終値など複数のデータから平均値を算出した場合に、基になった複数のデータにどの程度ばらつきがあるか、散らばり具合を表す数値です。

 

標準偏差の単位はσ(シグマ)が使われるため、ボリンジャーバンドで描かれるラインを指して1σ(シグマ)などと呼ぶこともあります。

 

1σ(シグマ=標準偏差)の値は、基データの散らばり具合が、平均値を中心にプラスマイナスへ均等に分布している正規分布である場合、平均値プラスマイナス1σの範囲内に約68%の基データが収まることを意味します。

 

平均値を中心に徐々に範囲を広げていって、基データの約68%が収まる範囲のプラス側、マイナス側どちらか片側の平均値からの距離と言ってもよいでしょう。

 

標準偏差は、基データが大きく散らばっていれば値が大きくなりますし、基データの散らばりが狭い範囲に限定されていれば値は小さくなります。


平均値を中心に標準偏差を2倍したプラスマイナス2σの範囲には、基データの約95%が収まり、標準偏差を3倍した3σの範囲は、基データの約99%が収まる範囲となります。

 

ボリンジャーバンドは通常、アッパーバンド2(+2σのライン)、アッパーバンド1(+1σのライン)、ミッドバンド(移動平均線)、ロワーバンド1(-1σのライン)、ロワーバンド2(-2σのライン)の5本のラインを価格チャート上に描きます。


ミッドバンドの移動平均線には、一般に20~25SMA(単純移動平均線)が使われます。

f:id:kubotat9:20190603124904j:plain

アッパーバンド2=ミッドバンド+2σ

アッパーバンド1=ミッドバンド+σ

ロワーバンド1=ミッドバンド−σ

ロワーバンド2=ミッドバンド−2σ

 

ボリンジャーバンドは、相場が膠着するレンジ相場においてバンド幅が狭まる傾向があり、価格変動の大きな相場ではバンドが開いていきます。


相場の力学では、値幅が小さな膠着状態が続いている相場は、次に動くためのエネルギーを溜めていると考えられ、大きく推移する大相場ではその溜められたエネルギーを放出している状況と考えます。


このことから、ボリンジャーバンドは狭まり収縮している場合は、大きく動く前触れと言うことが出来ます。


逆に、ボリンジャーバンドが大きく拡大した後収縮に転じる動きは、一相場が終わってエネルギーを放出し終えたことを示唆していると見ることができます。

 MACD

MACDとは「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略で、直訳すると「移動平均・収束拡散トレード法」です。

MACD移動平均を発展させより精度の高い分析をするために1979年にジェラルド・アペルによって開発された比較的新しいテクニカル分析です。

f:id:kubotat9:20190603130223j:plain

MACDに用いられる移動平均は「単純移動平均(SMA)」ではなく、「指数平滑移動平均(EMA)]です。


MACDは以下の計算式で算出されます。

 

MACD=短期EMA-長期EMA

 

通常の日足分析においては、短期EMA期間は9、長期EMA期間は26とするのが一般的です。


また、MACD移動平均であるシグナルとともに2本の線で分析することが多く、シグナルの平均期間は9が一般的です。


MACDとシグナルの位置関係を視覚的にわかりやすくしたものがMACD2と呼ばれ以下の計算式で算出されます。

 

MACD2=MACD-シグナル

 

MACDの利用方法

MACDがシグナルを下から上に抜いた時に買い、上から下に抜いたときが売りとなります。

 

この交差はゼロラインから離れた、つまりより高い山での売りサイン、より深い谷での買いサインほど有効となります。

 

f:id:kubotat9:20190603130604p:plain

MACD,シグナルがゼロラインと交差することも重要なサインとなります。


2本の線がゼロラインを上抜いた時には上昇トレンドの継続を意味し、ゼロを下抜いた場合は下落トレンドの継続を意味します。 

 

ダイバージェンスとは

ダイバージェンスとはもともと「相違がみられること」という意味で、テクニカル分析では、相場のトレンドとテクニカル指標のトレンドが逆行することを言います。


MACDでのダイバージェンスとは、相場が上昇トレンドにあるときに、MACDのトレンドラインが下降トレンドを示しているような場合をいいます。


ダイバージェンスは相場の転換を暗示するものとされており、MACDダイバージェンスも相場の天底の出現を示唆する可能性が高いサインです。

MACDの注意点

MACD移動平均線を加工したものであるため、基本的にはトレンド系に分類されるテクニカル指標です。

 

そのため、ボックス相場(トレンドレス)には弱い傾向があり、だましが多く発生するリスクがあります。


また、トレンド転換し次のトレンドが発生する前のトレンド終盤にはトレンドレスになることが多いことから、 MACDは新規売買には有効でも手仕舞いのサインが遅くなる傾向もあることには注意が必要なところ。

 ストキャスティックス

ストキャスティックスは1950年代にジョージ・レインによって考案されたチャートです。


ストキャスティックスは、トレンドがない相場で売られ過ぎ、買われ過ぎを判断する逆張りのテクニカルツールといえます。

 

ストキャスティックスの基本となるラインは「%K」「%D」と呼ばれ、以下の計算式で算出されます。

 

%K=(今日の終値-過去n日間の最安値)/(過去n日間の最高値-過去n日間の最安値)

 

この式の意味するところは当該期間において現状はその変動幅のどのあたりに位置しているのかを0~100の間で数値化しているということです。

 

つまり、この数値が大きいほど レンジの高値、小さいほどレンジの安値に位置していることを示します。また、通常はこの期間を5とすることが多いようです。

 

%D=(n日間ストキャスティックスの分子のm日移動平均)/(n日間ストキャスティックスの分母のm日移動平均

 

これは%Kをm日間で移動平均し、滑らかにしたもので、通常この移動平均期間は3を使います。

 

「%K」と「%D」の二本を使って描かれるものを「ファスト・ストキャスティックス」と呼びますが、これは感応度が高すぎる、つまりジグザグが激しすぎるためにあまり使われることはありません。

 

一般に分析に使われるのは、よりスムージングされた「スロー・ストキャスティックス」と呼ばれるものとなります。

 

「スロー・ストキャスティックス」は「%D」と「SD(slowD)」の二本を利用します。


「SD」は「%D」のL日移動平均となり、通常この平均期間も3を利用します。


さらに「SD」を移動平均した「SDスロー」と呼ばれるラインもあり、「SD」と「SDスロー」を利用するとより反応が滑らかとなりますが、売買シグナルが遅れるリスクが指摘されます。

f:id:kubotat9:20190603132155j:plain

ストキャスティックスの使い方

%Dが80%以上では買われ過ぎ、20%以下では売られ過ぎが示唆されます。
また、%Dが80%以上の位置でダブルトップを形成した場合は売り、20%以下の位置でダブルボトムを形成した場合は買いとなります。

 

%DとSDの交差

SDを%Dが下から上へ抜けた時が買い、逆に上から下に抜けた時が売りとなります。
また、この交差が売られ過ぎ買われ過ぎの水準(20%以下と80%以上)で発生した場合はより信頼性が高いといえます。

 

ストキャスティックスの注意点

ストキャスティックスは、逆張りテクニカル分析という性質を持っているため、利益確定は素早く行う必要があります。


これは、ストキャスティックスの手仕舞いのサインを待ち過ぎると利益を確定するのに出遅れてしまうリスクを意味しています。


また、オシレーター系の指標に一般的に言えることですが、強いトレンドが形成されたときに、ストキャスティックスは上下に張り付いてしまい機能できなくなることがあります。


その意味でも、ストキャスティックスは、相場の細かな波に反応して短期売買を行いトレードに向いているテクニカル指標といえます。

RSI (Relative Strength Index)

RSI(The Relative Strength Index)は日本語で相対力指数と訳され、一定期間の値動きに対して上昇分の値動きが占める割合を算出し、価格の上昇の強さを数値化したチャートです。


考案者は、テクニカル指標の父、米国のJ.W.ワイルダー

 

チャートの数値が一定の範囲(0~100など)で行ったり来たりする、いわゆるオシレーター指標の中でも、RSIは最もポピュラーなチャートの一つであり、FX取引でもよく使用されるチャートです。

 

RSIの計算式には2つのパターンがあります。
下の例は、計算期間を14(日足であれば14日間)とした場合

 

パターンA

RSI=A÷(A+B)×100

A:直近14本について、終値で前の足から上昇した値上がり幅の平均

B:直近14本について、終値で前の足から下落した値下がり幅の平均

f:id:kubotat9:20190603142556j:plain

 パターンB

 

1本目は、Aパターンと同じ計算式で算出

RSI=A÷(A+B)×100

2日以降は

RSI=A'÷(A'+B')×100

A':(前の足で計算したRSI×13+当日の値上がり幅)÷14

B':(前の足で計算したRSI×13+当日の値下がり幅)÷14

f:id:kubotat9:20190603151404j:plain

どちらも計算の対象期間の全体の価格変動に対して、上昇した分の値動きが占める割合を計算していますが、ワイルダーは修正移動平均を用いたBパターンでRSIを考案しています。

 

日本では間違って概念が先行して伝わったためか、Aパターンが紹介されることが多いようです。


BパターンとAパターンを比較すると、前の足で算出したRSIを最新のRSIの計算に使う分、Bパターンの方がスムージングされた滑らかなラインを描画します。

 

RSIの利用方法

RSIを使った判断で最も単純な方法は、70~80を買われ過ぎ、20~30を売られ過ぎの基準として、相場の行き過ぎから反転が近いと予想する方法です。


つまり、RSIが70~80を超えてきたところで逆張りの売り、30~20を割り込んできたところで逆張りの買いと判断します。

 

しかし、この使い方の弱点として、RSIは元々値動きの強さを数値化する指標であるため、大きなトレンドに発展する値動きでの初動ではトレンドの発生から初期段階でRSIが急激に反応し、買われすぎ、売られ過ぎの水準に留まり続ける現象が起こります。

 

このような場合は、RSIを逆張りのシグナルとして売買をしても、相場はなかなか反転せず、ポジションが踏み上げられてしまうことになるので注意が必要です。

移動平均乖離率

乖離率は、価格が移動平均線からどれだけ離れている(乖離している)かを数値化した指標で、移動平均に対する価格の乖離はやがて修正されるという考えに基づき、移動平均線からの離れ具合で「買われすぎ」や「売られすぎ」を判断する指標です。

 

移動平均線だけで売買の判断を行うと価格が急変動した場合、トレンド転換の判断が遅れてしまうといった事があります。

 

そこで、トレンド転換の判断の遅れの回避や注意喚起のシグナルとして考え出されたのがこの「移動平均乖離率」です。

f:id:kubotat9:20190603153759g:plain

価格が移動平均線と同じなら乖離率は、0%となり価格が移動平均線よりも上にある場合を「上方乖離」といい、乖離率はプラスの値をとり、移動平均線から何%乖離しているかで価格が下げに転じるかのヒントになります。

 

逆に、価格が移動平均線よりも下にある場合を「下方乖離」といい、乖離率はマイナスの値をとり移動平均線から何%乖離しているかで、価格が上げに転じるかのヒントになります。

 

乖離率は、以下の計算式で算出されています。

 

乖離率=((当日の終値-移動平均値)÷移動平均値)×100

 

移動平均乖離率の使い方

価格が移動平均線から大きく上に離れると、乖離率もプラスに大きく変動します。そこでそのような状況になった場合、「売り」のサインとなります。

 

一方、価格が移動平均線から下に大きく離れて、乖離率がマイナスの大きな値をとった場合、「買い」のサインとなります。

 

上昇(売り)・下降(買い)を問わず価格と移動平均線との乖離幅については、使用する移動平均線の日数や相場動向によって警戒圏を決められないことから、過去の乖離率の動きから適した警戒圏を判断します。

 

例えば、過去の乖離率が-3%~+3%の範囲で推移しているなら、乖離率が+3%付近で反転したら「売り」、-3%付近で反転したら「買い」と判断します。

f:id:kubotat9:20190603154547g:plain

移動平均乖離率利用の注意点

値動きがあまりないときは、有効とは言えないですね。

価格と移動平均線が緩やかに並行して動く場合、乖離が広がらず、移動平均乖離率は横ばいとなってしまいます。このような状況では、移動平均乖離率はあまり有効とは言えません。

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチ比率とは?

フィボナッチ数列とは13世紀の数学者である、レオナルド・フィボナッチが発見し、計算の書(Liber A baci)にて1202年に公表した公式のようなもの。

 

となり合った2つの数字の和をつなげて作られる数列をフィボナッチ指数という。

フィボナッチ数列・・・1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,610,987・・・・と続く。

 

フィボナッチ数例の特性


①連続する2つの数の和は、その上位数になる
1+1=2
1+2=3
2+3=5
5+8=13
13+21=34
34+55=89
89+144=233
233+377=610

 

②最初の4つの数字を除いて、どの数字も下の数字との割合は、61.8:100に近くなる
13÷21≒0.618 21÷34≒0.618 34÷55≒0.618・・・・・と続く

 

③また、上記数列関係を逆転させた場合でも、どの数字も割合は、161.8:100に近くなる


21÷13≒1.618 21÷34≒1.618 55÷34≒1.618

 

※0.618・1.618といった比率は黄金分割比率(フィボナッチ級数)と呼ばれて、後にエリオット波動論の基礎となった。

フィボナッチを用いた投資メソッド

・リトレースメント


主に用いられる手法としては、相場のリトレースメント(戻る、という意味)にフィボナッチを当てはめるテクニカル分析で、「38.2%」、「61.8%」、「50%(半値)」などがあり、そのほかにも、「76.4%」、「23.6%」などが用いられることもある。(以下、図参照)

※戻り売り局面のポイントをフィボナッチ比率で探ると?

f:id:kubotat9:20190603162750g:plain

上図は過去の相場にフィボナッチを当てはめたものであるが、買い戻し・戻り売りポイントともにフィボナッチに沿った動きになっていることが確認できる。

 

場合によっては、過去の重要な高値や安値にフィボナッチ比率を適用する手法が効果的な場面があり、注目しておきたいですね。

 

フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ)

フィボナッチトレーディング (ウィザードブックシリーズ)

 

 

エンヴェロープ

エンベロープとは、移動平均線から上下に一定に乖離させた線のことで、価格が移動平均線から、どの程度離れたかを見るために用います。

f:id:kubotat9:20190603164251g:plain

一般的には、エンベロープの上限・下限をトレンドの反転のポイントとして売買サインに用いたり、支持・抵抗の目安として用います。

 

これは、移動平均線からある程度乖離した価格は、移動平均線へ回帰されるという考えからきています。

 

乖離の目安をどの程度にするかは、相場によって異なり、一般的に為替市場では25日移動平均線対比で「2~3%」と言われています。

 

移動平均線からの乖離といった意味では、「ボリンジャーバンド」がありますが、ボリンジャーバンドの各ラインは、標準偏差を使って算出され価格変動が大きくなるとバンドの幅が広がったり、変動が小さくなると幅が縮まったりと相場の変動に伴ってラインの広がりや縮まりがありますが、エンベロープにはそれがありません。

 

単純に、中心ラインの25日移動平均線に平行線が引かれたものとなります。

 

エンベロープの利用方法

価格が上側のラインに接近・到達した時は、反転下落の可能性が高く買われすぎと判断し「売り」のサインです。

 

価格が下側のラインに接近・到達した時は、反転上昇の可能性が高く売られすぎと判断し「買い」のサインです。

エンベロープ利用上の注意点

f:id:kubotat9:20190603171220g:plain

エンベロープは、相場に強いトレンドがある場合、上下それぞれのラインに価格が接近・到達しても相場の転換が起らないことがあります。

 

例えば、強い上昇トレンドの時はエンベロープの上側のラインにローソク足が張り付いた状態で上昇が続き、強い下降トレンドの時はエンベロープの下側のラインにローソク足が張り付いた状態で下落が続くといった場合がみられます。

 

いかがだったでしょうか。代表的なテクニカル分析の用語ですが、取引の際に役立てていただければ幸いです。

 

ファンダメンタル分析のことを知りたいと考えている方には、お勧めの書籍があるのでそちらを読んでみてはいかがでしょうか。

 

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書 改訂版

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書 改訂版

 

 この本は、経済指標などの分析方法が投資の完全初心者でもわかるように書いてあるのでお勧めです。

 

良いトレードライフを♪