ユアライフ

都内のITエンジニアが賢く投資する方法や、お得に旅行を楽しむ方法等を発信する場所です。

ビットコイン爆上げで利確!

BTC値上がりで利確しました!

どうも!

 

突然ですが、サンキューSatoshi Nakamoto san !! Thank you BTC!!

 

 

 

f:id:kubotat9:20190511204800p:plain

ビットコインが70万円のオウダイつけて利益確定できました!

f:id:kubotat9:20190512071910p:plain

 

しぶとくねばっていた甲斐があります!

 

わたしはテクニカル分析にたけているわけではないのですが、さすがに70万円という節目で上がってくるかと思い売り注文を入れて儲けることができました。仮想通貨に関しては、テクニカル分析は限界があります。心理をよむことに尽きると思っています。99%のビットコイン

 

2021年には2万ドル(約200万円!)にも達すると元ゴールドマンサックスのトレーダー・マイク・ノボグラッツも言っていましたからね。

 

もうね、もういちど2017年年末のときみたいな爆上げくるからね。それに賭けてるんだ、おれは。

 

f:id:kubotat9:20190512071211p:plain

 きてますね!

 

リップルイーサリアムは微妙だと思う件

リップルイーサリアムももってるけどはっきりいってあまり期待してない。あれは常に2番手、3番手くらい。せいぜい。

 

やはり仮想通貨の基軸通貨といえばビットコインです。ビットコインが上がればアルトコインも上がる。その逆もしかりです。

 

直近でビットコイン4%以上値上がりしているのに対して、イーサリアムが2パーセント、リップルが3%しか値上がりしてないです。草コインに関しては見るも無惨...。

 

ripple ethereumに関しては、1円~3円くらい上昇しただけで爆上げした!とか騒がれますからね。

 

私は陰謀論者ではないですが、株式・仮想通貨などの市場は資金力のある一部の機関投資家や富豪一族が多大な影響力をもっていると考えています。なので、小手先のテクニカル分析を極めたとしてもあまり効果はないかと思われます。

 

だいたい、ビットコインのチャートは人為的でしょう。

f:id:kubotat9:20190512073724p:plain

 

2017年年末上がり方えぐいですよね。テクニカル分析で説明がつかないでしょう。

 

これは株式投資をするさいの指針となる書籍です。

ファンダメンタルズ分析を容易にするやり方

 

1BTC=84万円まで値上がりした件

この書籍は、わたしが仮想通貨で利益を得たいときでも役に立っています。

何が起こっているのか、じっくりと基礎的な状態をみきわめてから投資をするようにこころがけています。

 

上記の本は企業会計などの分析手法も解説された書籍なのですが、チャートにあらわれない市場の熱を感じ取るのに極めて役に立ちますよ!

 

テクニカル分析ももちろんわたしは使っていますが、売買の判断をする際にはファンダメンタルズの材料をチェックするように心がけている。

 

さて、今回の値上がりですが5月12日午前8時ごろ、84万円を一時的に超える動きをみせましたね。2019年初頭から約2倍の値上がりとなっています。億り人になれなかった人たちにとってはチャンスですね!

今回のビットコインのプチ爆上げですが、要因は世界的な株価下落といわれている。

 

ビットコイン時価総額は現在のところ14兆円となっている。

 

ビットメックスの取引高が過去最高を記録した!

2次関数のグラフのように急上昇を続けるビットコイン...。

みなさん、儲かってまっか?

BitmexのCEOがビットメックスの取引高が最高値を更新したことを明かしました。

 

f:id:kubotat9:20190512225027p:plain

 Bitmexの過去24時間の取引高が100億3000万ドル(約1兆1000億円)に到達した。ヘイズCEOはFRBによる金融緩和が続くことによってさらに投資資金がビットコインなどの仮想通貨に向かうとみている。

 

ただし、ビットコインには人気が集まる一方で、アルトコインは成長に陰りを見せている。

 

12日午後8時時点でビットコインは8%程度値上がりしたのに対して、イーサリアムは1.6%、リップルは0.2%程度しか値上がりしていない。

f:id:kubotat9:20190512232335p:plain

おわかりいただけただろうか。やはり価格の爆上げ力でいったらビットコインビットコインキャッシュにはリップルイーサリアムではかなわない。

 

ただし、それらのアルトコインのもっている技術的な要素(スマートコントラクトなどの概念)は流石である。